男性型脱毛症にはリジンと亜鉛

 

 

必須アミノ酸のリジンには、たんぱく質の生成をサポートして、免疫力・集中力アップ、血行を促す働きがあり、健康維持、アンチエイジングには欠かせませんが育毛効果もあります。薄毛に悩む人は積極的に摂取すると良いでしょう。男性型脱毛症・AGA専門の病院で治療して改善することが出来ます。

 

病院で処方される薬はミノキシジル、フィナステリド、サプリメントが主流となっています。ミノキシジルは市販の育毛剤にも配合されることの多い成分で、血管拡張・血流改善の効果があります。また毛乳頭細胞の働きを活性化させて、育毛を促す働きも持っています。フィナステリドは男性型脱毛症の原因となるDHTという物質の分泌を抑制する働きがあります。ミノキシジルで育毛力を高めてフィナステリドで脱毛力を抑制することで、AGAの改善が可能になります。

 

さらに男性型脱毛症に必要なのがサプリメントです。サプリメントには必須アミノ酸のリジン、ミネラル成分の亜鉛、L-アルギニンなどが配合されているタイプが有効です。リジンは髪の毛の主成分であるたんぱく質のケラチンの生成サポートしたり、血流を促進する働きを持っています。

 

亜鉛は細胞の修復・新陳代謝に必要なミネラル分でたんぱく質の生成も促します。L-アルギニンはリジンと同じくアミノ酸の一種で、たんぱく質の生成や成長ホルモンの分泌を促す働きを持っています。また血流を促す効果もあるため、頭皮の毛細血管にまで栄養素をしっかりと届けることが出来ます。男性型脱毛症には、ミノキシジルとフィナステリドが有効に働ける下地を作るためにリジン、亜鉛、L-アルギニンが含まれた栄養素を摂取することで、改善効果が実感出来るようになります。