リジンとアルギニンは相性が良い

 

 

リジンは体内での生成が出来ない必須アミノ酸のひとつなので、通常は食事からしっかりと摂取することが大切です。主に肉や魚などの動物性たんぱく質に多く含まれていますが、植物性食品の大豆にも含まれているので、バランスよく組み合わせると不足なく摂取できます。リジンの働きは集中力のアップ、睡眠の質の向上、育毛、脂肪燃焼、など幅広く、たんぱく質の生成にも欠かせません。不足した場合には肌荒れ、二日酔いなどの体の不調となります。

 

成人の場合、体重1kgに対して30mgの摂取が推奨されていますが、多少の過剰摂取があっても副作用が発症する心配はありません。食事からリジンを十分に摂取することが難しく、育毛、肝機能の改善などが必要な時には、サプリメントを利用すると良いでしょう。

 

リジンが体内で生成出来ない必須アミノ酸のひとつなのに対して、アルギニンは体内で生成出来る非必須アミノ酸のひとつです。バランスの良い食生活、ストレスの少ない生活環境で生活をしていれば、摂取を意識をしなくても不足する可能性は低いです。しかし成長期の子ども高齢者は体内での生成量では不足することもあるので、食事からの摂取も考慮することで健康的な生活の維持につながります。アルギニンは精力剤や栄養ドリンク剤にも配合されていて、疲労回復・活力改善の働きがあります。また血管拡張の働きによって血行が促進されるので、体の隅々にまで栄養が届きやすくなります。

 

血流が改善されるだけで美肌維持・育毛、免疫力アップなど美容と健康に様々な効果が期待されます。アルギニンはリジンとの相性が良く、相互的に働きあうことで育毛や免疫力などの有効効果をさらに高めることが出来ます。リジンサプリメントにはアルギニンも配合されているタイプを選ぶとよいでしょう。